大同興業株式会社 大同興業株式会社

教育制度

DKK教育制度の特徴は”コツコツ”教育スタイル

DKKパーソンとして活躍するためにはたくさんの知識やスキルが必要です。
実務での不安を解消するために手厚い制度を準備しています。

●入社までの教育

内定から入社までの間には、内定者懇親会や内定者研修、先輩社員との座談会など会社・仕事への理解を深めていただく機会を設けています。
また、入社後は3ヶ月間の新入社員研修を経て、正式配属になりますので安心して社会人としてスタートできます。

入社までの教育

●入社後の教育

当社で働く上での知識を習得するために、3ヶ月間の新入社員研修を実施します。実際の業務で必要な知識、また営業ロールプレイング、SAPでの伝票計上演習Excel研修などを行います。

[新入社員研修プログラム]
大同グループ
合同研修
大同特殊鋼主催で集合研修を実施します。毎年の参加者は300人以上の大規模研修です。大同グループの一員として働く心構え、集団行動、工場での現場実習などを行います。この研修で大切なのは「人脈作り」です。長年働く上で同期との絆はかけがえのないものになります。
人事 導入研修として「学生から社会人への意識改革研修」を行います。
その後、当社で働く上の基本的なルールである就業規則にはじまり、商社パーソンに求められるビジネスマナーやビジネス文書講座で実践力を養います。
営業統括 商社=営業というイメージだと思いますが、入社してすぐにこなせるほど簡単ではありません。
この研修では当社が作成した業務マニュアルフローの学習、その後に研修の総括として当社の実際の取引をアレンジした営業シミュレーションを行います。
また、当社の取引先訪問、工場見学も準備しています。
法務審査 商社パーソンの仕事は「ただ売るだけ」ではありません。
取引先の財務状況を把握し、それに応じて適切な対策を講じることも非常に重要な役割です。
取引先の与信審査手順、代金の回収方法、申請実務演習を行い、与信業務のノウハウを学びます。
経理 商社と切っても切り離せないのが、「お金」です。
経理の基礎知識から、印鑑・小切手・手形や貿易取引で必要な為替予約などを学習します。また、当社社員の必須要件である簿記の演習を行い、資格取得のサポートも万全です。
海外企画 商社のイメージで必ず出てくるものが「海外取引」「貿易取引」です。
この研修では当社の海外取引概要、貿易実務の基礎、駐在経験者の体験談なども交え、実務のイメージを築いてもらいます。
また、当社と取引のある海運業者に訪問し、実際の鋼材輸出作業の見学も行います。
Diana
(情報システム)
現代のBtoBビジネスにおいて、必ず求められるものがビッグデータの活用です。
当社においても例外ではなく、これまでの営業活動で蓄積されたデータをもとに 今後の経営方針を策定していきます。
当社ではSAP社の基幹システムを導入し、日々の取引データを入力しています。
ここでは業務シナリオフローをベースにシステムの入力方法、データの活用方法を学びます。
また、正式配属後に使用するExcelの基礎研修も行います。
[階層別研修]

入社年次ごとに階層別研修を設けてあります。
講師は社員が担当しますので、より実務的な研修となり、実務にも役立ちます。

階層別研修

[その他制度]

豊富な自己啓発制度「STEP UP講座」が利用可能です。
一定の条件を満たすことで、会社からの費用補助がありますので、積極的に活用ください。

その他制度

DKKパーソン